漢なら惚れる『伊勢谷友介』のおすすめ映画8作品。

 

 

どうも! 魁堵(かいと)です!

今回は漢なら惚れる『伊勢谷友介』さんの映画をご紹介!

好き嫌いがハッキリ分かれる演技でも取り分け一度ハマったら抜け出せない、漢前感溢れる演技力で魅了する伊勢谷さん。 

そんな伊勢谷さんが大好きな私がおすすめするメジャーからマイナーまでの良作をピンポイントで紹介したいと思います。

 

ちなみに他の日本人俳優として至高の舞台演技!『藤原竜也』を最高に感じれるオススメ映画8作品。」、「男前過ぎる『小栗 旬』を堪能するオススメ映画7作品。のおすすめ作品も紹介しておりますので是非ご覧ください。

 

さぁ、伊勢谷友介さんにハマろうではないか。

 

Sponsor Link

『伊勢谷友介(いせやゆうすけ)』とは?

映画.com

伊勢谷友介の新作映画、写真、画像、動画、関連ニュースの情報。東京藝術大学芸術学部の修士号を修得。学生時代からファッション…

1976年5月29日生まれの漢前で179㎝。しかも英語が堪能で運動神経抜群。

東京藝術大学に進学しており、デザインセンスも群を抜いている。

1996年に大学に在籍しながらモデルとして活躍し芸能界への基礎を創る。1998年に『ワンダフルライフ』に出演、2002年には、初監督作品である『カクト』が公開される。2003年から2008年は映画を中心に主演、端役で存在感を世間に知らしめる。 2009年にはドラマ『白洲次郎』の三部作に出演し、テレビドラマに初出演。

2010年には圧倒的存在感の為、NHK大河ドラマ『龍馬伝』の高杉晋作役に抜擢される。

2011年には実写版映画『あしたのジョー』で”力石徹”役でクリスチャン・ベイル並の役作りにより、3か月以上の過酷なトレーニングで通常時の体重を67kgから57kgに減量・体脂肪率を15%あったのを3~4%にするという役者魂を魅せる。

2011年の東北地方太平洋沖地震にて復興支援を積極的に行う。2017年には宮藤官九郎が脚本をしているドラマ『監獄のお姫さま』で民放(これには驚いた)の連ドラに出演をした。

2018年以降から現在にかけて、映画界では欠かせない一人となっており、独特の雰囲気に全員ハマっているのは間違いない事実である。

 

 

『伊勢谷友介』を堪能できるおすすめ映画8作品

Sponsor Link

『十三人の刺客』(2010年)

タイトル十三人の刺客
製作年度2010年
時間141分
監督三池崇史

 

時代劇では有名である『十三人の刺客』を三池崇史監督がエンターテインメント作品に仕上げた。

江戸幕府史上最悪とされる暴君を暗殺するために「13人の刺客」たち一世一代の大勝負に挑むってのが筋。

主演にはこの人に任せといたら間違いない役所広司、更には市村正親、松本幸四郎、稲垣吾郎、内野聖陽、山田孝之、古田荒田、窪田正孝、斎藤工、 そして我らの伊勢谷友介という超豪華キャストの共演である。

 

木賀小弥太役の伊勢谷さんは「侍」ではなくて急に現れた山の民という奇怪な役。ですが完全にハマり役で、こんなに陽気な伊勢谷さんはあまり見たことのないレアです。※族長の奥さんに手を出して追放されているという設定。

 

『十三人の刺客』内容

 

幕府での権力を手に入れる為に、一般民衆に不条理に殺りくを繰り返している暴君こと「松平斉韶(稲垣吾郎)」。

彼を暗殺するために、島田新左衛門(役所広司)を筆頭に”13人の刺客”が集結して襲い掛かりどうなる!?ってお話。

 

Sponsor Link

『あしたのジョー』(2011年)

タイトルあしたのジョー
製作年度2010年
時間131分
監督曽利文彦

 

誰もが一度は聞いたことがあるボクシング漫画「あしたのジョー」を曽利文彦監督が実写映画化。

主人公の矢吹丈(山下智久)が運命のライバルである力石徹(伊勢谷友介)と出会ってリングの上で壮絶な戦いを繰り広げるまでを映像化している。

この映画での力石徹というか漢前すぎる伊勢谷友介が熱演している。

 

この映画で力石徹の理想像の為にひたすら減量しトレーニングをしたストイック差のボディに惚れない漢は間違いなくいないでしょう。ストイックな体の作り込みで体脂肪率を3%以下まで持っていくという究極役作りはクリスチャン・ベイルを匂わせる。演技力はもちろん、その集大成で第35回日本アカデミー賞の優秀助演男優賞をもぎとったのは演者魂冥利につきる。最高ですか。

 

『あしたのジョー』内容

 

東京の下町でだらしなく生きていた矢吹丈(山下智久)は、元ボクサーである丹下段平(香川照之)にボクサーとしてのセンスを見いだされる。

だけども、度々問題を起こしては少年院へ入ることになる。

そこでプロボクサーである力石徹(伊勢谷友介)と劇的な出会いを果たして、良きライバルとしてボクサーとしてのお互いの実力を上げていく。

 

 

 『カイジ2 人生奪回ゲーム』(2012年)

タイトルカイジ2~人生奪回ゲーム~
製作年度2011年
時間133分
監督佐藤東弥

 

前作藤原竜也主演でお届けした「カイジ」の続編。

再び多額の借金を背負ってしまったカイジ(藤原竜也)が大金をゲットするために、命懸けのゲームに挑む。

主人公のカイジ役を舞台演技俳優の藤原竜也を筆頭に、香川照之、吉高由里子、生瀬勝久、そして圧倒的存在感の伊勢谷友介を敵に迎える。

 

一条という役柄から、伊勢谷さんの真骨頂と言える鼻に突く演技が本領を発揮したのはまさにこの作品ではないでしょうか。相手を見下し、下足らずの喋り方は観ていて最高にあがります。

 

『カイジ2 人生奪回ゲーム』内容

 

前回に多額の借金を返済したのだが案の定借金地獄に陥っているカイジ(藤原竜也)は一世一代の勝負に挑む。

10億円以上を稼げると言われる帝愛が誇るモンスターマシーン “沼(パチンコ)” に挑戦する。

帝愛が経営する裏カジノである支配人「一条聖也(伊勢谷友介)」が立ちふさがり、難攻不落とされる “沼” を攻略するために奮闘するが…ってお話。

 

『ザ・テノール 真実の物語』(2014年)

タイトルザ・テノール 真実の物語
原題THE TENOR LIRICO SPINTO
製作年度2014年
時間121分
製作国日本、韓国
監督キム・サンマン

 

伊勢谷友介と韓国俳優ユ・ジテが共演をした、韓国のテノール歌手「べー・チェチョル」の実話映画。

ガンの影響で歌声を失ったテノール歌手が、音楽プロデューサー(伊勢谷友介)からの献身的な助けで美声を取り戻すまでの厳しい道のりを美しく映しだす映画。

 

この映画では情に熱い演技を最高に魅せてくれるのので一言だけ、「ひたすら泣ける伊勢谷友介に惚れる」。

 

『ザ・テノール 真実の物語』内容

 

アジアのテノール歌手では最高の評価を受けている韓国出身の「べー・チェチョル(ユ・ジテ)」はヨーロッパの歌劇場で歌声を響かせていた。

そんな折にガンで患い命を助かる為に手術をして “声帯” と “横隔膜の神経” を切断した。だが、それと引き換えに歌唱力が喪失してしまう。

どん底に陥っていたベー・チェチョルだったが音楽プロデューサーの沢田幸司(伊勢谷友介)との出会いで運命が変わる。

 

 

『るろうに剣心 京都大火編・最期編』(2014年)

タイトルるろうに剣心 京都大火編・最期編
製作年度2014年
時間139分/135分
監督大友啓史

 

漫画原作での最高のクライマックスといえる「京都編」を前後編で大友啓史監督が実写映画化。

日本全土を制圧をたくらんでいる強敵を倒す為に京都へと向かう “人斬り抜刀斎” こと緋村剣心の活躍を描くアクション大作。

主演には前作同様「佐藤健」、武井咲らが続投する中、剣心での宿敵役に藤原竜也、そして木立二刀流四乃森蒼紫こと『伊勢谷友介』が共演している。

 

個人的には志々雄真をやってほしかったのですが、いざ解禁されてから四乃森蒼紫のビジュアル面や映画を観た瞬間の鍛え抜かれた身体での殺陣で死ぬほど謝りました。最高過ぎる木立二刀流。

 

Sponsor Link

 

『るろうに剣心 京都大火編 / 伝説の最期編』内容

 

かつて人斬り抜刀斎と呼ばれた伝説の人斬りである緋村剣心(佐藤健)は刀を置いて平穏な生活を送っていた。

ある日、風の噂で影の人斬り役を引き継いていた志々雄真実(藤原竜也)が ”京都” でその名を轟かせていることを知る。

政府が志々雄を倒す為の討伐隊は成すすべがなく全滅する。最後の望みとして剣心に白羽の矢が立ち、その行為を阻止すべく京都へ向かう。

 

『新宿スワン』(2015年)

タイトル新宿スワン
製作年度2014年
時間139分
監督園子温

 

和久井健の漫画「新宿スワン」を園子温監督で実写映画。

新宿の歌舞伎町が舞台であり、スカウトマンの主人公が歌舞伎町にいる女性を水商売、風俗、AVといった世界へと送り出しながら奔走する。

主人公に綾野剛、山田孝之、沢尻エリカ、そして惚れ惚れするぐらい格好良い伊勢谷友介という最高の面子である。

 

真虎さん役伊勢谷友介さんがドンピシャ過ぎて、誰でも惚れて誰でも堕ちる。

 

『新宿スワン』内容

 

野心だけはある白鳥龍彦(綾野剛)が自分的中心都市歌舞伎町に乗り込んで一旗揚げてやろうと決意してから始まる。

とある出来事から名の知れたスカウトマンと真虎(伊勢谷友介)さんに誘われてスカウト会社であるバーストの一員になる。

歌舞伎町に廻る女性たちに声を掛けては「水商売」、「風俗」、「AV」の仕事などのあっせんしては紹介料をつかんでいく。

だが、様々な人間模様から一人の人間として一人前に成長していく。

 

 

『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』(2017年)

製作年度2017年
時間118分
監督三池崇史

 

荒木飛呂彦先生の漫画ジョジョを三池崇史監督により実写映画化。

主演に山崎賢人を据え、共演にはSHIT神木隆之介、あたし綺麗小松菜奈、バットカンパニー岡田将生、岩人間山田孝之、オラオラオラオラオラッ!伊勢谷友介という最高の俳優陣で挑む。

 

スタンドを出してジョジョ立ちする伊勢谷さんを堪能する映画。ただそれだけで、それが良い。

 

『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』内容

 

美しい海に臨む「杜王町」という町が舞台。

平凡に暮らしていた高校生・東方仗助(山崎賢人)。彼は “スタンド” という特殊能力の使い手であり、触れただけで壊れたものを完全に修復できるという能力であった。

ある日、「杜王町」では変死事件が起き、それは奇怪な出来事であった。

色々真相を探っていくと連続殺人犯「アンジェロ(山田孝之)」や、ほかのスタンド保持者による犯行だと判明するが…ってお話。

 

 

『愛しのアイリーン』(2018年)

タイトル愛しのアイリーン
製作年度2018年
上映時間137分
監督吉田恵輔

 

漫画家・新井英樹の原作を吉田恵輔監督が映画化。

安田顕がフィリピンの女性と結婚する主人公を愛らしく演じており、共演には残念なクズヤクザ伊勢谷友介が熱演している。

 

『愛しのアイリーン』内容

 

岩男(安田顕)がアイリーン(ナッツ・シトイ)を連れて故郷の村に帰省したら、死んだことを全く知らずにいた父親の葬儀が執り行われていたのだ。

御年42歳になるまで恋愛とは全くの無縁だったのだがフィリピンから連れてきた妻が参列者の動揺させながら夫について回る姿に、喪服姿でライフルを構えた母親(木野花)が現れて激高する。

 

まとめ。

伊勢谷友介さんは隙が無さ過ぎて本当にハマればハマる程に思い入れが強くなってしまう俳優さんです。

ですが演技の「圧倒感」により好き嫌いがハッキリ出てくるもの事実。それを超越したオールマイティ感を堪能するのもいかがでしょうか。

きっと好きになる部分もあるハズ。

この機会に伊勢谷友介さんにどっぷり浸かりましょう!

ではでは!

激推ししている俳優紹介の魁堵(かいと)でしたー!

Sponsor Link
最新情報をチェックしよう!