絶望の恐怖!アニメ『オーバーロード』が最高に面白くてグロイ…!

 

 

どうも! 魁堵(かいと)です!

皆さん、最近流行りの異世界転生モノはアニメは観てますか?

そんな中でも異質なアニメ「オーバーロード(OVERLORD)」

異世界転生モノ”で”主人公無双”感でさらに、恐れられる”敵役”という設定が最高に面白い。

そして、その面白すぎてエグイ魅力を簡単にご紹介したいと思います!

 

 

さぁ、アインズでモモンガしようか。

 

Sponsor Link

『オーバーロード(OVERLORD)』(3クール:全39話)

放映期間話数
1期2015年7月-9月13話
2期2018年1月-4月13話
3期2018年7月-10月13話

※1期の総集編、前編「不死者の王」と後編「漆黒の英雄」がある。

丸山くがね氏によるライトノベル。

異世界転生モノかつファンタジー作品の為に「剣と魔法」の力が圧倒的に支配する世界が舞台。

ゲームの世界のRPGにおける『魔王』に相当するチートキャラクターが主人公という設定ですので、こんなの中二病者が多発するに決まっていますし、たダークヒーローとかワクワクしかないですよね。

主人公と部下たちが平然と人を残虐に薙ぎ倒すのはこの作品の特徴でもあります。

 

『オーバーロード(OVERLORD)』┃ストーリー

VRMMORPG「ユグドラシル」の虜であった主人公がサービス終了を迎えるにあたって、ゲーム内で最高かつ最強のギルド「アインズ・ウール・ゴウン(主人公が所属)」の本拠地”ナザリック大墳墓”で一人で、最後の瞬間を待っていた。

終了のカウントダウンが始まり、カウントが終了した瞬間に何故か「サービス終了にならない!?」

強制ログアウトもできず、訳も分からない状態になる。

通常時に命令しなければ行動しないはずのNPC(キャラクターが操作しないキャラ)たちが何故かそれぞれの意思を持って動き、言葉を発する…真相を辿ってみると「ユグドラシル」とは似通っているが異なる世界に転移されていたのだ…。

 

Sponsor Link

『オーバーロード(OVERLORD)』┃主要登場人物

「アインズ・ウール・ゴウン(モモンガ・モモン)」CV.日野聡

本作の主人公。元アバタ―名:モモンガ(後にギルド名を名乗る)

最強最高のギルド「アインズ・ウール・ゴウン」のトップオブザトップである、”ナザリック地下大墳墓”の統治者でもあります!

ゲーム時代にアンデッド種族の最高峰である『オーバーロード』だった為に、転移先でも強大な力も重なりその存在を知る者からは「超越者」や「魔王」として敬されています! ※元は冴えないサラリーマンだった。

転移後は異世界を知るという意味で、冒険者モモンとしても行動している。

 

Sponsor Link

「アルベド(守護者統括)」CV.原由実

数ある階層の守護者統括であり、地下大墳墓に存在する全NPCの頂点に立つ存在。

ですが、主人公がサービス終了前に「ビッチ」ってあった設定を「モモンガ(主人公)を愛している」と変更してしまい、サービス終了後の異変後は彼の事を深く熱く愛するようになります。

視聴者からは「ヒドイン」として有名ですが、奇麗なのでOKということになっている。

階層守護者とは?

ユグドラシルの「階層守護者」とは”ギルド:アインズ・ウール・ゴウン”の拠点『ナザリック地下大墳墓』の各階層を守っている守護者(この世界最高位)の事です。

※階層毎のボス的みたいなモノと認識してもらえれば大丈夫です。

階層フィールド守護者
守護者統括玉座の間アルベド
第一~三階層墳墓シャルティア・ブラッドフォールン
第四階層地底湖ガルガンチュア
第五階層氷河コキュートス
第六階層大森林アウラ・ベラ・フィオーラ
マーレ・ベロ・フィオーレ
第七階層溶岩デミウルゴス
第八階層荒野ヴィクティム
第九階層 使用人室セバス・チャン(執事長)

 

「ガゼフ・ストロノーフ」CV.白熊寛嗣  

転移世界ではリ・エスティーゼ王国最強としてその名を知らないモノはいないほど。

複数の武技を自由自在に操り立ち向かい敵を圧倒し、ひょんな事からアインズと知り合い良い、同志のような感じになるのですが‥‥。

 

「ブレイン・アングラウス」CV.遊佐浩二

抜刀術の達人。ガゼフと同等の力を持っていますが王国の御前試合において決勝で敗れ、生涯初の敗北をしたことにより力を求めるようになった男前です。

ブレインの知名度は高いのですが、ナザリック階層守護者「シャルティア」と戦った時に、自分の抜刀術が全て小指の爪だけで全て弾かれてしまい、このシーンで「あっ、コイツ終わった」と思わせたことでも有名。後々にちょっとだけ強くなる。ちょっとだけ。

 

「ラナー・ティエール・シャルドルン・ライル・ヴァイセルフ」 CV.安野希世乃

リ・エスティーゼ王国第三王女。趣味はクライムを愛してやまないコト。危険。

国内外にも知られる絶世の美貌と、王国の強化に繋がる施策の案など頭の回転の良さはキレすぎるほど。

かつては自分を理解する人がいないと思い孤独感を感じていたが拾ったクライムが子犬のような目をしていたが為にときめき、クライムに全てを捧げている。

 

『オーバーロード(OVERLORD)』最大の魅力とは?

 転生モノでは珍しいダーク系主人公

© 丸山くがね・KADOKAWA刊/オーバーロード製作委員会

出典元:TVアニメ「オーバーロードⅢ」オフィシャルサイトから引用

 

この作品の魅力はなんといっても主人公が悪役という一点につきると思います!

通常の転生モノだと、勇者キャラに転生してチート能力にて魔王を倒すといったものが多いかと思いますがこの作品の主人公はアンデッド系最上位”オーバーロード”ということで、様々な守護者を率いていて統治しています。

ですが、主人公はゲームキャラの魔王を演じているのが実態。(実際は良い人)

その為に守護者が見ていない時は少し茶目っ毛を見せたり、魔王の振る舞いを練習したり「頑張れ!アインズ!」っと応援したくなる部分もあります。

魔王軍や国王軍、冒険者など色々の視点から物語が進行して、色々な策略が見て取れるのが作品の最大の魅力ですね!

 

 

どの作品よりも強い!主人公の半端ない最強設定

© 丸山くがね・KADOKAWA刊/オーバーロード製作委員会

出典元:TVアニメ「オーバーロード」オフィシャルサイトから引用

 

この作品の主人公は全くと行っていいほどにピンチなど起きません!

相手がどれだけ凄い魔法や剣術など使用して挑んだとしても、秒殺で葬られます。

ですが、この強者設定に我ら厨二病信者は痺れるほど憧れるのが現実というもの。

この強さに対して「尊敬」の念は私たちには必ずあるものであり、アニメ限定だろうが、この世界の現実だろうが同じことであるのは変わりない。

圧倒的に完膚なきまでに相手を倒すことにより、「もっと強い主人公を見せてくれ」とさらに求めてしまいますよね!アインズに出会ったら終わり感が観ていて爽快でもあります。

 

 

愛すべき守護者達が愛でれる

© 丸山くがね・KADOKAWA刊/オーバーロード製作委員会

出典元:TVアニメ「オーバーロード」オフィシャルサイトから引用

 

アインズは最強の理想の支配者として守護者達への振る舞いを考慮します。

というより、その守護者達の忠誠が、もう、愛らしくて仕方ないです…!

守護者達との言葉の掛け合い(全部上手く事が運ぶ)にはとても共感し、忠誠を誓っている部下達も敬い大切に思っているがひしひしと伝わります。

ギルドを作った時から仲間を大切にする主人公は部下の為に尽くし、さらに部下達もそれに答えようと一生懸命な姿に心揺さぶられます。

※敵に対しては、容赦なく冷酷に対応をして処理するアインズはヤバい。

 

 

MMOにハマったあの気持が蘇る

© 丸山くがね・KADOKAWA刊/オーバーロード製作委員会

出典元:TVアニメ「オーバーロード」オフィシャルサイトから引用

 

ネトゲでギルド・グループに所属したことがある人に分かる、主人公の気持ち。

皆でグループ活動して本当に楽しかった思い出が頭の中を駆け巡ります。

ゲーム内だけの繋がりだけだとしても、仲間(フレンド)として遊ぶのが楽しかった。

だから、一人、また一人と引退(ゲームをやめていく)寂しさは何とも言えない喪失感がありますよね。

そこを共感できるのが、このアニメの面白さの底上げをしています。

 

 

最後に。

数々ある転生モノアニメで、ここまでの最強設定はこの作品が群を抜いてます!

本当に高見の見物で圧倒的に敵を駆逐するのは爽快ですよ!

誰もがアインズに憧れて、転生に憧れる。

この機会に是非、ご視聴してくれたら最高です。

ではでは!

オバロ大好きな魁堵(かいと)でしたー!

Sponsor Link
最新情報をチェックしよう!