格ゲーの衝撃!『カプコン VS.シリーズ』は今でもめちゃくちゃ面白い…。

AC

 

 

どうも! 魁堵(かいと)です!

今回はカプコンが新たな格闘ゲームのスタイルを築いた『VS.シリーズ』をピックアップします。

今ではすっかり有名なMAVEL(マーベル)シリーズとのクロスオーバーをきっかけに、ザッキンのSNK、そしてタツノコ、はては鉄拳のバンダイナムコという様々な他社とのコラボ作品があります。

演出バトルのエリアルレイヴから、緻密なオリジナルコンボなど各メーカーの良いとこどりのゲームがVS.シリーズ。

そんな、VS.シリーズの作品を全て簡単に紹介させてもらいます。

 

こちらはNEVERまとめ(2020年9月30日にサービス終了)で執筆したカプコン「VS.シリーズ」はみんなの青春だ…!の移行記事になります。また、他の格闘ゲームとしてSNK格闘ゲーム『餓狼伝説』シリーズはストⅡ以来の革命ですよね。【厳選4作品】秀逸格闘ゲーム!『CAPCOM VS. SNK 2 MILLIONAIRE FIGHTING 2001』が最高の青春だった…。なども紹介しておりますので是非ご覧ください。

 

さぁ、他社とのクロスオーバーを楽しもうか。

 

Sponsor Link

カプコン(CAPCOM)「VS.シリーズ」とは?

カプコンによる対戦型格闘ゲーム(主にストリートファイターがベース)が他社とのクロスオーバーした作品の名称です。

第一弾が『ストリートファイター』と『X-MEN』とのクロスオーバー作品の『X-MEN VS. STREET FIGHTER』が始まりであり、後のクロスオーバー作品を『VS.シリーズ』として一括りにしたものです。

このクロスオーバーをきっかけに様々な会社とのコラボが実現しました。

 

VS.シリーズ×MARVEL(マーベル)

Sponsor Link

X-MEN VS. STREET FIGHTER(1996年)

対応ハードAC(アーケード)1996年9月9日
SS(セガサターン)1997年11月27日
PS(プレイステーション)1998年2月26日

 

  • エックスメンVS.ストリートファイター

2対2のタッグマッチで、システム上は斬新なアイデアが際立っているのが特徴です。

これをきっかけに様々なVS.シリーズが作られました。

交代システムとしては、ヴァリアブルアタック、ヴァリアブルカウンター、ヴァリアブルコンビネーションの3つ。

超必殺技の名称は本作以降は全て「ハイパーコンボ」で統一されています。

中ボスはアポカリプスで最終ボスは今までタッグを組んできたパートナーと1対1になります。

 

MARVEL SUPER HEROES VS. STREET FIGHTER(1997年)

対応ハードAC(アーケード)1997年3月1日
SS(セガサターン)1998年10月22日
PS(プレイステーション)1999年2月25日

 

  • マーベルスーパーヒーローズVS.ストリートファイター

MARVELのキャラクターと『ストリートファイター』のキャラクターが共演する、クロスオーバー作品の第2弾。

前作同様の2対2のチーム戦。戦闘は基本は1対1で、好きなタイミングで交代可能のタッグマッチ形式で行われます。

今作からチームの1人を倒すと、その場でキャラクターが消えるため、ゲーム展開がよりスピーディーになりました。

日本版のみ憲磨呂が使用可能。

 

Sponsor Link

MARVEL VS. CAPCOM CLASH OF SUPER HEROES(1998年)

対応ハードAC(アーケード)1998年1月23日
DC(ドリームキャスト)1999年3月25日
PS(プレイステーション)1999年11月11日

 

  • マーベルVS.カプコンクラッシュオブスーパーヒーローズ

マーヴル・コミック社のキャラクターとカプコンのキャラクターによるクロスオーバー作品の第3弾

前作は戦闘中にチームのパートナーを呼び出せたのに対し、今作はスペシャルパートナーと呼ばれる専用のキャラクターを呼び出すようになっています。

ゲーム開始時にメンバーを2人選んだ後スペシャルパートナー選択用のルーレットが出現し、これでスペシャルパートナーを選ぶ仕様。

通常のルーレット選択のほかにも特定のコマンドによりパートナーを選択することができ、相手が使用していたパートナーを奪う形で変更することも可能。

 

Sponsor Link

 

MARVEL VS. CAPCOM 2 NEW AGE OF HEROES(2000年)

対応ハードAC(アーケード)2000年2月24日
DC(ドリームキャスト)2000年3月30日
PS2(プレイステーション2)2002年9月19日
Xbox(エックスボックス)2002年9月19日
360(エックスボックス360)2009年7月29日
PS3(プレイステーション3)2009年8月12日

 

  • マーベルVS.カプコン2ニューエイジオブヒーローズ

カプコンが制作するクロスオーバー作品の第4弾。

これまでのシリーズ作品のキャラクターがほぼ総登場し、さらに新キャラクターを加え、使用可能キャラクターの総数は50人を超えている超大作

今までのVS.シリーズと異なっており1チーム3人制になっています。

途中でプレイヤーが任意のタイミングで操作キャラクターを交代することができるのが大きなポイントで、チームは必ず3人で組んで闘う。

 

MARVEL VS. CAPCOM 3 Fate of Two Worlds(2011年)

対応ハードPS3(プレイステーション3)2011年11月17日
XB360(エックスボックス360)2011年11月17日
PSVita(プレイステーションヴィータ)2011年12月17日
PS4(プレイステーション4)2016年12月3日
XBOne(エックスボックスワン)2017年3月7日

 

  • マーベルVS.カプコン3フェイトオブトゥーワールズ

マーベルとカプコンのクロスオーバー作品の第5弾。

この作品から家庭用のみの販売となっており、アーケードへは展開されていません。

前作同様に任意のキャラクターを3人選んでの3対3の戦いを繰り広げ、お馴染み全員の体力を0にすることが勝利条件。

ちなみに勝敗は1試合のみで決まります。

 

MARVEL VS. CAPCOM: INFINITE(2017年)

対応ハードPS4(プレイステーション4)2017年9月19日
XboxOne(エックスボックスワン)2017年9月19日

 

  • マーベルVS.カプコン:インフィニット

マーベルとカプコンのクロスオーバーシリーズの第6弾。

本作では2体2の対戦形式という往年のスタイルに戻っています。

「インフィニティ・ストーン(ストーンの種類により効果が違う)」や、いつでも交代できる「アクティブスイッチ」システムも導入されました。

※新規プレイヤーように「オートコンボ」も導入されている簡易版でもある。

英語音声のみで、日本語音声に切り替えることは一切できない。

 

VS.シリーズ×SNK(エス・エヌ・ケー)

CAPCOM VS. SNK MILLENNIUM FIGHT 2000(2000年)

対応ハードAC(アーケード)2001年6月6日
DC(ドリームキャスト)2001年6月14日
PS(プレイステーション)2002年4月18日

※発売日は全てPRO(調整版)で表記しています。

 

  • カプコンVS.エス・エヌ・ケー ミレニアムファイト 2000

SNKと夢のコラボをした第1弾。

1〜4人のキャラクターでチームを構成してチーム同士で勝ち抜き戦を行うラウンドバトル。

敗れた側は次のキャラクターに交代して、勝った側は若干体力が回復した状態で引き続き戦う。

また、相手チーム全員を倒した側が勝利となる。

調整版のPROが2002年にPSのみで発売された。

 

CAPCOM VS. SNK 2 MILLIONAIRE FIGHTING 2001(2001年)

対応ハードAC(アーケード)2001年8月3日
DC(ドリームキャスト)2001年9月13日
PS2(プレイステーション2)2001年9月13日
GC(ゲームキューブ)2002年7月4日
Xbox(エックスボックス)2003年1月16日
PS3(プレイステーション3)2012年9月19日

 

  • カプコンVS. エス・エヌ・ケー ミリオネア ファイティング ツーサウザンドワン

SNKと夢のコラボをした第2弾でラストコラボ。

キャラの強さを決めるレシオシステムの仕様変更がされ、『ストリートファイター』&『ザ・キング・オブ・ファイターズ』を良い感じにミックスさせて、オリジナルコンボ、ブロッキング、怒りゲージ、ジャストディフェンスなどの多彩なシステムを導入してゲームを盛り上げます。

前作の登場した33人のキャラクターに加えて、『私立ジャスティス学園』『月華の剣士』などから新キャラクターが登場し、総勢50人近くのキャラが登場します。

 

Sponsor Link

 

VS.シリーズ×タツノコ

タツノコ VS. CAPCOM クロスジェネレーションオブヒーローズ

対応ハードAC(アーケード)2008年12月11日 (AC)
Wii(ウィー)2008年12月11日 (Wii)

 

アニメ会社のタツノコプロのキャラと、カプコンのキャラをクロスオーバーしてバトルさせたのが今作。

システムとしてマブカプ同様に「エリアルレイヴ」を導入しているために、派手な演出を楽しめます。

これまでのVS.シリーズとしてはドット絵が主体であったが、3Dグラフィックによる2D格闘という面白い試みになっています。

 

VS.シリーズ×バンダイナムコ

ストリートファイター X 鉄拳

対応ハードPS3(プレイステーション3)2012年3月8日
XB360(エックスボックス360)2012年3月8日
Steam(スチーム)2012年5月11日
PSVita(プレイステーションヴィータ)2012年10月25日

 

ストリートファイターシリーズのキャラクターと鉄拳シリーズのキャラがクロスオーバーするのがこの作品。

基本的には『ストリートファイター』シリーズの操作方法(8方向レバー、弱、中、強パンチ、弱、中、強キック)の6ボタン操作となっています。

鉄拳シリーズ(本来はコマンド入力だが)のキャラにも6ボタンそれぞれに技が割り振られおり、「EX必殺技」や「スーパーアーツ」が実装されているのでストⅡ仕様で戦うことができる。

対戦形式は2体2のタッグバトルマッチ。

 

最後に。

格闘ゲームとして一線を画していたカプコンが、まさかの他社とコラボしたときは心躍りましたよね…!

今ではクロスオーバー(コラボ)はさほど珍しくはなくなってしまいましたが、当時はかなりの衝撃でした。

あのリュウとウルヴァリンが共演している…はたまたテリーやアンディも使えるなんて。

この機会に久々に格ゲーに重んじてはいかがでしょうか?

きっとスカッと楽しめるはずですよ。

ではでは!

VS.シリーズを薦める魁堵(かいと)でしたー!

Sponsor Link
最新情報をチェックしよう!