淡い青春ラブコメ『ハイスコアガール』が格闘ゲーム好きにはたまらない。

 

 

どうも! 魁堵(かいと)です!

一世を風靡した漫画原作『ハイスコアガール』をご存じでしょうか?

このアニメは1991年の舞台背景からスタートをし、主人公ハルオが対戦格闘ゲームに明け暮れている中でヒロイン大野と出会い、甘酸っぱい恋愛模様を描いた作品になります。

 

TVアニメ『ハイスコアガール』公式サイト

アニメ『ハイスコアガール』10/4(金)からROUND13~15がTV初放送!&10/25(金)からは第2期ROUND1…

 

特にこの作品に登場する「ストリートファイターⅡ」や、「ザッ・キング・オブ・ファイターズ」、「ヴァンパイアシリーズ」などは幼少期のノスタルジックが鮮明に浮かびます。

 

ちなみに劇中にも登場するゲームを横スクの王道!『ファイナルファイト』シリーズが最高のベルトアクションだよね…!なども詳しく記事で紹介しておりますので是非ご覧ください。

 

そんな懐かしのゲームを題材にしている、この作品の面白い魅力を簡単に紹介したいと思います!

 

さぁ、格闘ゲームはじめましょうか。

 

Sponsor Link

『ハイスコアガール』とは?

2010年から連載していた押切蓮介先生による漫画作品です。全10巻。

ちなみに2013年版『このマンガがすごい!』オトコ編で2位を獲得しているコトでも有名です。

2018年3月にテレビアニメ化になり怒涛の15話(OVA込み)で巷を賑やかし、2019年10月に2期が放映し完璧なエンディングを迎えた作品。

 

ハイスコアガール
原作押切蓮介
監督山川吉樹
シリーズ構成浦畑達彦
キャラクターデザイン桑波田満
音楽下村陽子
アニメーション制作J.C.STAFF
話数第1期:全15話(TV12話+OVA3話)
第2期:全9話

 

『ハイスコアガール』ストーリー

 

時は1990年代の対戦型格闘ゲームブームを背景として展開される。

一大ムーブメントを起こした『ストリートファイターII』を中心に主人公(ハルオ)とヒロイン(大野)の因縁対戦としながらも青春を描いたラブコメディ。

時代背景と共に主人公達の物語が進み、

  1. 小学生編
  2. 中学生編
  3. 高校生編

と主人公の成長と共に突き進んでいきます。

キャラクターの”心の声”をゲームキャラたちが巧みに表現しているのが大きな特徴で面白い。

※特にストⅡのガイルさんがいっぱい出てくるのが嬉しい。

 

ヒロインが全編通して喋らず(喋れないわけではない)に表情だけで会話するのだが、不思議と違和感がなく溶け込める。

オープニングとエンディングが最高にノスタルジック感がするので、2018年度No.1のアニソン曲かも知れないと勝手に思っております。

 

Sponsor Link

『ハイスコアガール』主要登場人物

矢口ハルオ(CV.天﨑滉平)

主人公。アーケード全般にゲームが好きの少年。

ジャンルとして「格闘ゲーム」、「横スクロールアクション」を好んでプレイしており 、『ストII』についてはガイル使いの「豪指の矢口(または「豪指のハルオ」)」と自称するぐらいの腕前を持っているほど。

勉強も運動も苦手であり、唯一誇れるのがゲームだけで、いつも行くゲームセンターに向かうとザンギエフを使用し連勝を重ねている女の子『大野晶』の存在があった。

その出会いが己の居場所とプライドを脅かす存在であるコトに、深い対抗意識を燃やすようになる。

 

Sponsor Link

大野 晶(CV.鈴代紗弓)

本作のヒロイン。才色兼備で文武両道の超が付くほどのお嬢様。

成績優秀で容姿も良いが、家庭では財閥の令嬢の為に過度の稽古事を強いられている。唯一の息抜きが「ゲームセンター」に通うことである。

そこで矢口ハルオに偶然に出合い二人の運命の歯車が動き出す。

喜怒哀楽の感情は「表情」や「行動」で全て表し、それを全て理解できるのがハルオというのも何とも甘酸っぱい恋模様。

 

日高 小春(CV.広瀬ゆうき)

本作のもう1人のヒロイン。

可愛いらしい容姿の持ち主ではあるが、人付き合いが苦手な性格でありクラスでは全然あまり目立たない位置にいる(高校生編では克服している)。

無趣味の自分と正反対であったゲームに夢中なハルオに興味を抱き、それが後に恋心へと変わる。

実家の酒店にアーケードゲームを設置したことにより、ハルオがプレイすることにより大きな接点が生まれる恋模様。

 

『ハイスコアガール』の魅力とは?

懐かしのゲームの連続、レトロは最高で至高

(C)押切蓮介/SQUARE ENIX・ハイスコアガール製作委員会

出典元:TVアニメ『ハイスコアガール』公式サイトから引用

 

ハルオが命を注いでいる『格闘ゲーム(通称:格ゲー)』をメインに“ゲーム”を通じて色々な人との関りや、1990年代に流行りまくったゲームが次々と登場し胸熱の展開が魅力的な一つとなります。

当時の格闘ゲームの火付け役となった『ストリートファイターⅡ』を初め、横スクロールの『ファイナルファイト』『スプラッターハウス』『魔界村』とアーケードゲームを代表するゲームが懐かしさを感じ少ないお小遣いの100円玉を全てを投入した思い出が儚いです。

当時はゲームセンターに足を運んで知らない人達と切磋琢磨に”技”コマンドを盗みあい如何に連勝記録を打ち立てるのか必死な思いが蘇り、各ゲーム会社が協力していますので懐かしのゲーム画面、キャラクター、BGM、更にはゲームセンターの雰囲気が最高に上がります。

色々な箇所で思わず頷いてしまうのも面白さの一つかもしれません。

 

 

ハルオの相棒かつ化身、ストⅡ「ガイル」さんが魅力

(C)押切蓮介/SQUARE ENIX・ハイスコアガール製作委員会

出典元:TVアニメ『ハイスコアガール』公式サイトから引用

 

本作で心情を各ゲームキャラがちょろっと出て代弁することが多いのが凄く面白いです。

特に『ストII』で愛用している「ガイル」さんはいつもハルオに対して的確なアドバイスを送り見守って応援してくれています。

晶に対しての迷う気持ちを「いけ!いくんだハルオ!ハネッフゥゥゥツ!」みたいな感じで導いてくるのは漫画もしかり、アニメではセンスの塊です。

こういった描写が最高のスパイスですよね。

 

 

ラブコメ作品として純粋に面白い

(C)押切蓮介/SQUARE ENIX・ハイスコアガール製作委員会

出典元:TVアニメ『ハイスコアガール』公式サイトから引用

 

出会いは壮絶な「ハルオ」とヒロイン「晶」なのですが、後に淡い恋愛の描写が散りばめられているのが観ていて切なくなり。

「なんだ、この背中が痒くなる恥ずかしい気持ち。」と良い意味で胸キュンします。

そこに、もう一人のヒロイン「小春」が登場することによって「ハルオ!何やってんだよ!」と色々と応援してしまう魔のトライアングル(三角関係)は凄くハラハラドキドキもの。

ハルオに見え隠れする晶に、立ち向かう小春の姿に何ともいたたまれいたたまれない気持ちになり、晶に対抗する為に格ゲーを練習する小春に、全く二人の気持ちをわかっていないハルオ。

なんだこの設定、厨二病設定最高かよってなり続きが気になってしかたありません。

 

 

最後に。

1期に関してはハルオと(ゲームを廻る)晶と日高との三角関係が一旦は落ち着きますが、2期で完結しますので是非視聴していただきたいです。

1990年代がドンピシャな方や、懐かしきゲームを堪能したい方は是非観ていただきたいです。絶対に楽しめますよ。

ではでは!

ハイスコア好きの魁堵(かいと)でしたー!

Sponsor Link
最新情報をチェックしよう!