1000回遊べるローグライク『トルネコの大冒険』シリーズは、未だに面白いRPG。

SFC

 

 

どうも! 魁堵(かいと)です!

今回はご紹介するのはスクエニの王道ローグライク「トルネコの大冒険」シリーズになります!

現在でのローグライクでのスクエニ最新作は『チョコボの不思議なダンジョン』シリーズのみになりますが、スーファミやGBA時代では先駆けを走っていたのがトルネコ。

 

特にドラクエモンスターをマス目ターンバトルで倒すのは、ドラクエファンとしては最高に心地よかったと思います。

 

そんな思いで補正もかかりつつ、「トルネコの大冒険」の内容や魅力を簡単に紹介させていただきます。

 

ちなみにスクエニ関連の記事としてスイッチで遊べる「ドラクエ」で是非プレイしてほしい厳選8作品。悲惨過ぎる始まり『ドラゴンクエストⅣ』は間違いなくストーリーが面白い…!なども記事で紹介しておりますので、是非そちらもご覧下さい。

 

さぁ、トルネコと一緒にダンジョン潜ろうか。

 

Sponsor Link

『トルネコの大冒険』シリーズとは?

今ではすっかりお馴染みになった、ダンジョンに入るたびにマップ構造がいちじるしく変わる『不思議のダンジョン』をメインにしたローグライクRPGになります。

 

ドラゴンクエストIVの登場人物である”トルネコ”を主人公に、ダンジョンの中にお宝を探しにいく物語。

 

作品

  1. 『トルネコの大冒険 不思議のダンジョン』(SFC)
  2. 『トルネコの大冒険2 不思議のダンジョン』(PS・GBA)
  3. 『トルネコの大冒険3 不思議のダンジョン』(PS2・GBA)
  4. 『少年ヤンガスと不思議のダンジョン』(PS2/派生作品)

 

『トルネコの大冒険 不思議のダンジョン』(SFC/1993年)

『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』に登場していた“トルネコ”を主人公にしたローグライクRPGの第一弾。

敵モンスターはもちろんドラクエに登場しているキャラであり、アイテムや呪文なども全て共通しています。

  • キャッチコピー:「1000回遊べるRPG」

 

 

Sponsor Link

『トルネコの大冒険2 不思議のダンジョン』(PS/1999年)

『トルネコの大冒険 不思議のダンジョン』の続編であり至高。

トルネコが前作で見つけた『幸せの箱』を手に入れてから約半年後が舞台。何故か店のまわりのあらゆる場所が「不思議のダンジョン」に変化してしまい、その謎を解明するお話。

 

 

『トルネコの大冒険3 不思議のダンジョン』(PS2/2002年)

前作『トルネコの大冒険2 不思議のダンジョン』から6年半の月日が流れた世界が舞台。

トルネコの息子である、ポポロが12歳となったとき異変が起こり、その彼を救うためにトルネコが新しくダンジョンに挑むみたいなお話。

※今作から息子であるポポロもプレイヤーとして操作が可能。

 

 

Sponsor Link

『少年ヤンガスと不思議のダンジョン』(PS2/2006年)

『トルネコの大冒険 不思議のダンジョン』シリーズに続く、新たなドラクエの「不思議のダンジョン」シリーズが今作。

主人公は『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』から「ヤンガス」に変更されました。

少年と付いているので、ヤンガスの少年時代に冒険したダンジョンの世界を描いています。

※完全3D

 

 

最後に。

いかがだったでしょうか?

懐かしのSFCから、PS、PS2と内容とグラフィックも進化していったローグライRPG。

今でもプレイしては、ノスタルジックを感じながらも面白いといえるのが凄いところ。

プレイするには中々難易度が高いかも知れませんが、ご興味がある方は是非プレイしてみてください。

きっと往年のすばらしさに気づくはずですよ。

ではでは!

ローグライクを推していく魁堵(かいと)でしたー!

Sponsor Link
最新情報をチェックしよう!