DSでホラー!『ナナシノゲエム』が以外にも楽しめる…!

DS

 

 

どうも! 魁堵(かいと)です!

今回ご紹介するのはニンテンドーDSでのホラーゲーム『ナナシノゲエム』

スクウェア・エニックスでは珍しいホラーゲームということと戦慄とまではいきませんがちょっとしたホラーを味わえるということでスマッシュヒットした作品です!

そんなこの作品が中々楽しめますので簡単に魅力を紹介してみました!

 

 

さぁ、恐怖体験味わいますか。

 

Sponsor Link

『ナナシノゲエム』とは?

スクウェア・エニックスがDSで発売したホラーゲーム。

“あるゲームをプレイすると一週間後に死んでしまう”と言う呪いのゲームが物語の軸として展開され、その謎を解明するのが目的です。

主人公を男か女を選ぶ(どちらを選んでもストーリーの影響はない)ことができます。

モードが2種類用意されており、本編を操作しながら自動的に(3D、2D)に切り替わるということを繰り返しながらクリアを目指します。

※このゲームの開発者は匿名というスクエニの仕掛け。

 

『ナナシノゲエム』ゲームシステム

Sponsor Link

バイオチック一人称視点3D

今では珍しいDSを縦にしてボタンを操作します。

このゲームの仕様で、追いかける敵から逃げようとしても全然進まずに敵との距離が保てないため、常に近接でのスリリングな展開が味わえます。

 

ファミコン風「呪いのゲーム」視点

こちらはDSを横にして画面操作をする。(イベントによる自動切替)

一昔前のファミコン風RPGですがプレイしていると違いが歴然です。

コメント欄や画面がバグったようにちらついたり、主人公の周りでの関わりある人物の名前がゲーム上ににライドしたりと本編との繋がりを見せてきます。

 

Sponsor Link

『ナナシノゲエム』ストーリー

突然TS(あきらかにDS)に配信されてくるという謎のゲームが始まり。

そのゲームをプレイした人は「七日以内に死に至る」ということだ。

とある大学で講義を受けていた主人公のTSにいきなり”そのゲーム”が配信されてきて意味不明展開になる。

その送り主を調べると先輩の「オダカ」であり、彼はそのゲームにハマってしまっている為に最近大学に姿を見せなくなっているということ。

友人の「リコ」に頼まれた主人公は「オダカ」のマンションに呼びに行くことになる。

しかし、そこで待っていたのは”あきらかにおかしい数々の現象”、さらには死体となった「オダカ」の姿があったのだ。

主人公は、その”謎のゲーム”がおかしいと感じつつ死から逃れるために「恐怖の七日間」を生き延びるというお話。

 

『ナナシノゲエム』が以外にも楽しめる魅力とは?

イヤホンで堪能する圧倒的3Dサウンド

このゲームの最大の醍醐味は耳で聞く「3Dサウンド」かと思います!

特に縦画面(3D視点)で外、病院、トンネルなど王道のホラー通路を臨場感たっぷりに体験しプレイヤー(主人公)を操作しながら音を耳で感じながら背筋を凍らせます。いや、本当に怖い…。※イヤホン推奨

幽霊なのかゾンビなのかわからない生物が襲ってきますので、突如背後とかに表れて発狂します。うめき声がエグ〇。

BGMもマッチしすぎて、隠れホラーの名作だと私は思っております。

※病院の中を探索するという、ホラーあるあるで本当にちびりそうになったのは内緒の話。

 

 

感覚は一人でリアルお化け屋敷

謎解き要素がありそうなゲームではありますが、ほぼありません!

ですが、そこを恐怖体験で補っています。

お化け屋敷に一人で入るイメージとしてプレイするのが一番良い楽しみかたです。メンタルがやられます。

そして一番怖い極めつけは「ルグレ(幽霊)」です。

これに触れるだけで主人公は即死します。

なので遭遇したら「なんだ!?この赤い女は?死んでも逃げなきゃ!」と思い”恐怖”を植え付けてきます。

正直、めちゃくちゃ怖いので実際に体験することをオススメします。

※ルグレを倒すことはできないので生きる為に走って逃げる!だけども、遅い、本当に遅い、ゲームがバグってるんじゃないかというぐらい走るのが遅い主人公。これは完全にスクウェアエニックスの恐怖への策略だと思います。

 

 

実は続編がある『ナナシノゲエム 目』

2008年に恐怖を植え付けることに成功したスクウェア・エニックスは、2009年に続編『ナナシ ノ ゲエム 目』を作ってくるという天才ぶりを発揮します。

前作と同じ操作性なのですが、内容はテレビで見たことあるようなホラー要素をふんだんに盛り込んであります。

突然やってくる呪い、猟奇的にやられたような死体の表情、突然の呪いと謎のゲームTS、さらには映画「着信アリ」の様な意味深メール、貞子バリのモノクロの古いビデオカセットと良いとこの詰め合わせ。

本当に怖い。

最後に。

さくっとホラーをするには申し分のない完成度だと思いますが新品購入ではプレミア(9,000円以上)がついているこの作品。

中古ショップでも2,000円前後で販売しておりますので気軽に恐怖体験をしたい方は是非一度プレイしてみてください!

ファミコン8bit音がやみつきになりますよ…!!

ではでは!

DSホラー紹介する魁堵(かいと)でしたー!

Sponsor Link
最新情報をチェックしよう!